2017年3月23日木曜日

石巻で追悼式

すっかりご無沙汰してしまってすいません。

年明け一稿目が、3月。ほんとにご無沙汰です。

3月11日、今年は6年目となる東日本大震災の追悼式に出席させて頂きました。

いつも私たちに声をかけてくださる、『石巻市の復興を考える市民の会』のかたが、その日の様子を報告してくださりました。

抜粋で私たちの所をご紹介しますが、いろんな方がいらしていたので、
ぜひ掲示板の方でそちらもご覧ください。
あとでリンクをつけさせて頂きます。

今回は、私の大好きなシンガー、Anちゃん、直樹さん、私、の3人で、詩の朗読と歌とギター演奏をお届けしてきました。

追悼式の出番はオープニングアクト、という形でお願いして出させて頂きました。

では、市民の会掲示板からのシェアです。

 集会のプログラムはチーム下舘から始まります。はじめに下舘 あいさんによる詩の朗誦があります。下舘 あいさんはプロの女優さんです。

あいさんの声によって、いくつもの詩がわたしたちのこころに届けられましたが、中でも印象的だったのは谷川俊太郎の詩「生きる」でした。

詩を詠うということは、不思議な力を呼び覚ますこと。こころに眠る想いを目覚めさせ、不安を呼び起こし、また鎮める。言霊によって、わたしたちはいつもと違う世界へ連れゆかれ、思いもかけない新しい眺めを知る。

詩の朗誦を聞くわたしたちは、今まで当たり前だったことばや心象から引き離されて、その深い意味を垣間見ることになるのです。
 みなさん、じっと耳を傾けています。こころのうちには何が去来しているのでしょうか。
 プロ歌手の「あん」さんは、アメイジング・グレイスとWhat a wonderful world (この素晴らしき世界)を歌ってくれました。「あん」さんのソウルフルな歌声は、わたしたちのこころを串刺しにしてしまいました。

わたしたちは彼女の歌声にこころを沈め、やがてそこから人間の悲しみや喜びを沈潜させた上澄みの不思議な感情を受け取るのです。

彼女の声にはわたしたちを納得させる何かがあります。それが何かはわかりませんが、わたしたちはその歌声を聴いて、人間の悲しみや喜びもいずれ一つのものなのだと深く納得するのです。

「この素晴らしき世界」の歌詞は、谷川俊太郎の「生きる」とつながっているところがあります。いえ、つながっているところがあるどころじゃありません。G.ダグラスと谷川俊太郎がアメリカ人の感性と日本人の感性でそれぞれ表現していますが、見ている方向はまったく同じと言っていいでしょう。

この素晴らしき世界はなんでもないいつもの光景と当たり前の生活で成り立っていますが、それがどれほど素晴らしいものであるのか、それを理解するのはわたしたち次第なのですね。

あいさんの声を借りた谷川とあんさんの歌を借りたダグラスは、その素晴らしさをわたしたちに伝えようとしています。あいさんとあんさんはおそらくこのことをわかっていて、この詩とこの曲を選んだのでしょう。憎いですねー。筆者は、この年になってやっとそのことに気づき始めています。今まで何をやっていたのかと恥じ入る思いですが、まあ、それは何歳になってからでもいいのです。
下舘 直樹さんは「上を向いて歩こう」と「アルハンブラの思い出」を演奏してくれました。

トレモロとかアルペジオというギターの奏法があると教えてくれたのはぱんちょマンでしたが、(誰とは言いませんが、アルペジオのことをアルマジロと子どもに教えた人がいましたね)

そのトレモロとアルペジオの美しさを堪能しました。直樹さん、ありがとうございました。



(『石巻市の復興を考える市民の会』掲示板その4より)
リンク http://qootan-4.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16038335

私たちが届けたかったものが、それ以上の響きとなって届いてくれたような、そんな感想でした。ありがとうございました。
アクトリストは以下でした。

「生命は 吉野弘」
「風 石川逸子」
「生きる 谷川俊太郎」
「アランブラ宮の壁の 岸田衿子~その解説 茨木のり子」

「アメージンググレイス」
「What a wonderful world」
ギター
「上を向いて歩こう」
「アルハンブラの思い出」

そして、現地で、仮設で生活されているおばちゃんが、「あんた、よかったわよ~」と、あとで私に直接言ってくれたのも、とても嬉しかったです。
おばちゃんは、目一杯オシャレして、朝もとても明るく私たちを出迎えてくれて、最後の2時46分の黙とうでも、一緒にろうそくを持とう、と寄り添ってくれました。

わたしたちと同じだけ、現地の人も、「もてなすわよ♡♡♡!!!!」
という気持ちでいてくださったことがよく分かりました。

心のキャッチボールがしっかりできたという事はとってもよかったと思います。

私にとっては、3月11日にこの場にきたことは初めてでしたので、また格別の想いを抱きました。そして、6年経っても、まだまだやることがある現実に、今まで以上のショックを覚えたことも事実です。
やはりこれは長丁場。でも、被災地が、外側だけではなく、内側も(心も然ることながら自治体のやりかたなども)復興しきることは、未来の希望にもなっていくと思うのです。
心の栄養として、出来ることで応援し続けたいと思います。

2016年9月4日日曜日

『The Answer』 共演者紹介③♪ 嶋谷佳恵さん♪


ちょっと間が空いてしまいましたね!
今回はカワイイベビーフェイスだけど中身はしっかり者の嶋谷佳恵さんです!

このつやつやのスマイリーなほっぺを見るのが毎度稽古の時の私の楽しみです。

自分の役に、果敢に挑戦しております。
芝居の感覚のいい人なのだな~、と思いながら見ています。

タイ料理屋さんで働いていて、タイ料理にも詳しいデス!

この笑顔、果たして本番でも観れるのか、観れないのか…!!!
それは劇場でお確かめくださいね♪ウフフフフッ(←サザエさん風に)

ご来場、お待ちしております☆

『The Answer』

【あらすじ】 
科学者であった父が残した暗号を解読すると 
いないと思っていた母の名前と、ある住所が記されていた。 

母のことを伝えたかったことは分かる。だけど、この住所は……。 
私は直感的にその住所に父が研究していた量子コンピューターが存在していると思った。 

私は反対されながらもその住所の場所に向かうことを決意した。だって、写真一枚残さなかった父が私に残そうとしたものがそこにはあるはずだから。 

そして私は父の研究を巡る想像もしていなかった事件に巻き込まれていく。 

私は私の追い求めた研究に追いつめられてゆく

【公演日時】
※受付開始・開場は開演の40分前から。

【会場】
新宿シアター・ミラクル
 新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F)

【チケット】
前売¥3000
当日¥3200
特別割¥2500(★の回、当日券含む)
学割¥1000(事前予約のみ、要学生証、高校生まで)

【チケットの予約】
[下舘あい扱い 予約フォーム]


2016年8月27日土曜日

『The Answer』共演者紹介♪ ②田中希奈さん 

今回の共演者は、前回は私の部下役をしてくれました、田中希奈さん!

前回は私の出とちり防止役まで舞台裏でしてくれたほど、気の利く女性です!
さて、続編の今回は・・・。
前回とは違う希奈ちゃんの雰囲気をお楽しみに!(←やはりこうなる)

お互いに連続出演ならではの具体性や細やかさの表現に稽古で奮闘しています!
すらっとお姿も美しいだけでなく、声もおきれいな方ですが、、、、

稽古場では、いつも何か食べているという。
大食漢かもしれません、この方。多分中身はその辺の男性より男前なのでは、と思うことも。

そんな彼女の隠れた引き出しがこれからまだまだ出てくるのか?!個人的に楽しみにしております。


私はというと、本日やっとお芝居のお知らせをいろんな方に送れた!というくらい何だか体力的に余裕がなく、こんなに頭真っ白の稽古も久しぶり、真っ白なのか、真っ暗なのか、本当に手探りで稽古をしています。続編とは思えないくらい新鮮な稽古です。
ただ目指すのは、いい作品になるように。それだけです。
明日は、初通し!
これから台本読み返します~~!

皆様来てくださいね☆

『The Answer』

【あらすじ】 
科学者であった父が残した暗号を解読すると 
いないと思っていた母の名前と、ある住所が記されていた。 

母のことを伝えたかったことは分かる。だけど、この住所は……。 
私は直感的にその住所に父が研究していた量子コンピューターが存在していると思った。 

私は反対されながらもその住所の場所に向かうことを決意した。だって、写真一枚残さなかった父が私に残そうとしたものがそこにはあるはずだから。 

そして私は父の研究を巡る想像もしていなかった事件に巻き込まれていく。 

私は私の追い求めた研究に追いつめられてゆく

【公演日時】
※受付開始・開場は開演の40分前から。

【会場】
新宿シアター・ミラクル
 新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F)

【チケット】
前売¥3000
当日¥3200
特別割¥2500(★の回、当日券含む)
学割¥1000(事前予約のみ、要学生証、高校生まで)

【チケットの予約】
[下舘あい扱い 予約フォーム]



2016年8月21日日曜日

『the Answer』共演者紹介♪ ①佐々木史さん

では早速、今回の出演者を紹介していきたいと思います!まずは今回初めてご一緒する方々から!

今日は、佐々木史さんです!通称ミッフィーと呼ばれております。


ミッフィーは、私の妹役をしてくれます!
はてさて、どんな姉妹像が浮かび上がるのか・・・・。

いつもとは違う雰囲気をお楽しみに!(←今後大体この文句でまとめていく気がする。)

ミッフィーは、今日で会ったのが2回目、という、本当にこれからお手合わせをする方なので、どんなお芝居を生み出してくれるのか、とても楽しみです。

可愛い妹ですが、お姉さんはどうするのか・・・・。お楽しみに!!!


舞台のお知らせ『the Answer』

わーーーー!ブログをすっかりご無沙汰してしまい、申し訳ありません!

立秋も過ぎて、秋の虫の声も聞こえ始めました。空が秋の高さに感じる時もありますね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は今年は今までにない繁忙っぷりを迎え、家族のフォローを頂きながらギリギリ生きています。

そんな中、7月から稽古スタートしていた、公演が、いよいよ9月にありますので、久々にブログで稽古日記を進めて参りたいと思います!!!

公演の内容はこちら!


【チケットの予約】
[下舘あい扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ans?m=0bhajcf

【公演日時】
2016年9月15日(木)~19日(月)
15日(木)19:30開演
16日(金)15:00開演★&19:30開演
17日(土)14:00開演&18:00開演
18日(日)14:00開演
19日(月)12:0016:00開演
※受付開始・開場は開演の40分前から。

【会場】
新宿シアター・ミラクル
新宿区歌舞伎町2-45-2カイダ第3ジャストビル4F)

【チケット】
前売¥3000
当日¥3200
特別割¥2500(★の回、当日券含む)
クイズ割引¥1500(クイズの正解者)
学割¥1000(事前予約のみ、要学生証、高校生まで)

【出演】
宮ちあき
(明日は純情)
瀧澤千恵
(Sky Theater PROJECT)
小林勇太
(劇団ORIGINAL COLOR)
嶋谷佳恵
(劇団ORIGINAL COLOR)
佐々木史
西川大
(Sky Theater PROJECT)
下舘あい
(愛力)
三好康司
(劇団MAHOROBA+α)
田中希奈
(KAMプロモーション)

【チケットの予約】
[下舘あい扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ans?m=0bhajcf

昨年出演した、『the Code』の続編です。
昨年の芝居のあらすじはこちらの動画で見れます!(6分あります)




更に今回の予告編もあります!(こちらは3分)





今回は、私個人としては続編ながらも別の顔をみせる、という試みに挑戦中です。いや、もっと役の深いところに入り込むって感じかな?
ひとつの役に集中できるという当たり前のことが、朗読を多くやっているこの頃はとても贅沢な時間に感じられます。存分に稽古で挑戦して、失敗して、沢山のことに気付いていきたいと思います。

もちろんもちろん、前作を見ていない方でも楽しめる作りになっていますので、ご安心を。新しいキャストさんも出ていますしね!
皆様のご来場、お待ちしております!ぜひぜひいらしてくださいませ!!

ご予約、心よりお待ちしております。

2016年2月13日土曜日

【まもなく満席】読み語り教室

こんにちは。今日か急に温度上昇だそうですね。何を着て出かけようか迷います。

さて、お陰様で読み語り教室がもうじき満席となります。


こちら☞読語り教室開催のお知らせ より、☆印をクリックして、お申込みされるか、

こちら☞公演情報 より、一番下のカレンダーをクリックして、お申込みしてくださいませ。

ご興味ある方は、ぜひ積極的なお申込みをお待ちしております。

2016年2月11日木曜日

武宮特別朗読会をします!

こんばんは。
ネコが膝の上で寝ながら寝言を話していて、非常に興味津々なのですが、頑張って告知します。

3月20日(日)

に、横浜市鴨居にある、素敵なご自宅サロン『武宮』にて、朗読会をします。
久しぶりに、直樹さんも一緒です。
ご興味、お時間ある方は是非いらしてくださいませ。

今回は大人向け童話3品にて、ベテランの先輩方とご一緒させて頂きます。
とても楽しみな会です。

ご予約はこちらへ☞

ご来場心よりお待ちしております!